ユタカ医院の下肢静脈瘤

下肢静脈瘤

下肢かし静脈瘤じょうみゃくりゅうとは

下肢かし静脈瘤じょうみゃくりゅうとは足の静脈が太くなって こぶ状に浮き出て見えるようになった状態をいいます。

下肢静脈瘤の症状例イラスト|ユタカ医院

下肢静脈瘤は急に悪化したり命の危険はありませんが、足のだるさ、 むくみ、こむら返り、かゆみなどの症状が慢性的におこり生活に支障を及ぼすこともあります。

また、まれに皮膚が硬くなり、皮膚が破れる潰瘍かいようができ、重症になることがあります。このような方は、できるだけ早く受診されることをお勧めいたします。

下肢かし静脈瘤じょうみゃくりゅうの検査方法

エコー(超音波)を使って原因となる部位を特定します。

お腹や心臓、妊娠時に赤ちゃんを観察するのと同じように、機器にゼリーをつけて、患部の皮膚面に軽く押し当てて検査を行います。

下肢静脈瘤の検査方法イラスト|ユタカ医院

検査は座った状態で行いますので、
リラックスした状態で安心して検査を受けることができます

下肢かし静脈瘤じょうみゃくりゅうの治療方法(動画)

診断から治療の流れ

  1. 診療にて、患者様の現在の症状や気になっている事などをお伺いし、足の状態を診させていただきます。
  2. 検査では(エコー)超音波を使って原因となる悪い静脈を特定します。
  3. 静脈は「圧迫する」「焼灼しょうしゃくする」「固める」といった3つの治療方法があり、どの方法が患者様にとって適切であるかをお伝えします
  4. 焼灼する場合には、局所麻酔にてレーザーを使った治療を行います。また、ご希望であれば静脈麻酔を併用して寝ている状態で行うこともできます。
    壊れた静脈は焼灼しても血液は深い静脈や他の細い静脈から心臓に戻るため、身体に問題はありません。
    また、ひざ下のボコボコした見た目の悪い静脈瘤は残ることがありますので、同時に静脈瘤を切除することで、より綺麗にすることができます。
  5. 術後は休憩していただき、ご帰宅いただけます
    その後は、翌日~3日後に受診していただき、超音波検査にて問題がないかを診させていただきます
下肢静脈瘤の治療室|ユタカ医院下肢静脈瘤の検査機器|ユタカ医院

当院の診療のご案内

- Treatment -
トップページへ

お電話でのご予約・ご相談はこちら

0533-93-6515

電話受付時間

8:00〜12:00 / 15:00〜19:00

(休診日を除く / 緊急時は24時間対応)

ユタカ医院

愛知県豊川市大木町鑓水402−1

ユタカ医院

アクセス

- Access -

三河一宮駅(JR飯田線)より
タクシーで約3分

愛知県豊川市大木町鑓水402−1

0533-93-6515

駐車場20台(障害者用1台)

Googleマップで開く

一番上へ